神社で行う神前式|根強い人気を持っている結婚式の形「神前式」を知ってみよう

神社で行う神前式

仲がいいカップル

神前式とは、神社で行われる結婚式のことをいいます。
最近では、キリスト教風に、新婦や牧師さんを呼んで、愛の誓いをするという結婚式が日本でも一般的になっていますが、それを、日本古来の神様の前で行うという結婚式のことをいいます。
神前式というと、古くから行われてきたように思われがちですが、じつは100年ほど前から定着し始めたようです。
当時はまだ皇太子であった、大正天皇の結婚式が神前式のモデルとなったといわれています。
これが、民間に広まっていったといわれています。
神前式は、日本各地の多くの神社で挙げることができます。
たとえば、世界遺産として有名な広島の厳島神社や京都の下鴨神社などでも、神前式を受け付けています。
とはいえ、どの神社にも、民間の結婚式場のように、着替える場所や控え室などが用意されているわけではありません。
また、民間の結婚式場なら、挙式後の披露宴なども行うことができ、ブライダル業者も出入りできるようになっていますが、神前式を行う神社によっては、そうした施設やサービスをそなえていないこともあるので、事前に確認が必要かもしれません。
神社で挙げる神前式には、日本古来のこしきゆかしさが漂い、一生の思い出になることは間違いありません。
その一方で、民間の結婚式場やホテルのように、施設やサービスの面で、確認すべきことも少なくないので、注意が必要です。
また、一般的に、神前式では、男性は紋付はかま、女性は白無垢などの衣装を用いるようになっています。