神前式の流れとは|根強い人気を持っている結婚式の形「神前式」を知ってみよう

神前式の流れとは

和装の男女

神前式は民間の結婚式場やホテルで行われる結婚式と比べると、全体の流れも大きく異なります。
神前式の結婚式では、多くの場合、形式が決まっているようです。
たとえば、新郎新婦と親戚縁者は、順番を守って、神前に入場するところから始まります。
その後、新郎新婦と参列者は、神主さんのお払いを受けます。
そして、祝詞奏上によって、新郎新婦の結婚を神様に報告します。
その後は、三三九度の盃で、お神酒を酌み交わすのです。
神前式では、こうした形式を、しっかり守らなければなりません。
ホテルや民間の結婚式場での挙式が、少しくだけた雰囲気があるのに比べて、神前式での結婚式は、こしきゆかしく、厳粛なものであります。
また、参列者も、ある程度、親戚縁者に限られており、少人数であるのが一般的です。
そのため、職場の人や友人らに結婚を報告する場合は、会場を変えて披露宴などを行うのが一般的でしょう。
やはり、各地の歴史ある、伝統ある神社が神前式の会場としては人気があります。
そうした神社では、観光客のほか、一般の参拝者もいるため、神前式の結婚式のため、長時間にわたって会場を貸すことができません。
そのため、形式をきちんと守ることはもちろん、着替えなどの準備も、滞りなくすませなければなりません。
会場となる神社の中には、結婚式前後の写真撮影も、許可がいることもあります。
神前式で結婚式を挙げる場合は、あくまで神社を会場として貸してもらうことを忘れずに、臨まなければならないのではないでしょうか。